FC2ブログ
永遠の楽しみ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

宣伝させて下さい♪
来週から始まる、イベントの告知です。
針と糸の時間
~キルト、刺しゅうect.~
4月21日(水)→26日(月)
ジェイアール名古屋タカシマヤ
10階催会場
※最終日は午後5時閉場。
fc2blog_20210410103612bc2.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おはようございます!
もう金曜日です。
高島屋さんに明日には荷物を仕上げなくてはなりません。
ファイトです、ワタシ!!!


皆様は来週…


アソート争奪戦
キットの争奪戦
南久美子とのトーク争奪戦



を頑張って勝ち取って下さいね。
Chieは横からシレっとその様子を見ておきます(笑)




まだ戦うと決まってないのにねw
くれぐれも相手をなぎ倒すことのないように、マダム風にサッとカバンではなく買い物袋に入れてくださいね。
 



争奪戦!楽しみです。







さて、今日は”永遠の楽しみ”を紹介します。




778そらまめバッグ&ポーチ(持ち手別売)
fc2blog_20210414185354f78.jpg

実は、ソラマメ(空豆、蚕豆)の花言葉は『永遠の楽しみ』。


花言葉「永遠の楽しみ」は、古代エジプトから4000年以上も食用として栽培され、これからも食べられ続けていくと思われる豆のおいしさからつけられたとされています。。


キルトとは、ヨーロッパの寒冷地で発祥したといわれ、保温のために布地に綿をはさんだのが始まりといわれています。
母親が子を無事に願う気持ちを縫い込めた 愛情たっぷり温もりたっぷりのキルト。



イギリスの十字軍の遠征11世紀初頭、約925年も前から愛されているキルト。
古代エジプトで食されてから4000年以上も愛されているそらまめ。





そんなキルトとそらまめの出会い!!!!

行けるキガスル!!!




どこに?!




幸せの向こう側。





それは、永遠の楽しみ。







そして、最後に大事な伝言です。
マメ科の植物は毎年、同じ場所に植えると連作障害が出る…ということです。
つまり、畑を休ませるか、植える場所を変えることが必須!!!



キルトも同じく、永遠に楽しむなら、同じ形ばっかり作ってられません。
今回は、ソラマメ(バッグ)とソラマメ子(ポーチ)がセットになっています。

fc2blog_2021041418534099f.jpg


ソラマメ子の後ろは発芽してる…
fc2blog_202104141854056bc.jpg
向こう側が待ちきれず、ピョッと顔を出しております(笑)



愛でるのも良し!
食べるのもの良し!
つくるのも良し!
しゃぶりつくのも良し!




愛しちゃって、そして楽しんじゃってください。
ちなみに、Chieは皮ごとグリルで焼いて、塩をちょびっとつけて食べるのが好き♪
あぁ、そらまめぇ~~~食べたい。。。



fc2blog_20210414185333a52.jpg

そらままめバッグ&ポーチ


持ち手が別売となっています。
※ポーチだけの別売はございません
※こちらのそらまめは食用ではございません(笑)



楽しみを永遠に皆様のお手元に届けられますように。。。




Chieでした~!


恐れ入りますが、お教室の有無につきましては、各店舗に問い合わせをお願いいたします。

★講習のご案内:お申し込みは、各お店へお願いいたします。
※お教室に関しては、恐れ入りますが、各店舗にお問合せくださいますよう、宜しくお願いいたします。

 ●キルトギャラリー瑞(毎週水曜日の午前中)※別途講習料がかかります。

 ●神戸大丸:5月1日(土)
※午前午後各6名さまの募集となります。

 ●ABCクラフト(天王寺店キューズモール内):5 月12 日(水)
※講習内容に関しては、予約時にご確認をお願いいたします。

★オススメサイト★
※各サイトも随時更新していますよ~
良かったら、ランキングにぽちっ↓とお願いします!
ブログランキングに参加しています!
[2021/04/16 07:30 ] | 商品紹介 | コメント(0)
| ホーム |